衝撃!古代宇宙飛行士がたどり着いた先は?火星建造物と縄文人の謎に驚愕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古墳文化自体は東アジア一帯で見られますが、
その構造や形状、葬送様式は
古代日本において独自の変化を遂げたそうです。

現代を生きる私たちにとって特に馴染み深い古墳は、
やはり「前方後円墳」ですね。

台形になった前方部と、円形の後方部(埋葬部)を
組み合わせた形状になっている前方後円墳は、
3世紀中頃~7世紀初頭にかけて日本列島で広く建造され、
さまざまなサイズのものが約4,800基存在すると言われています。

しかし、前方後円墳があるのは日本だけではなかったかもしれない
という驚きのニュースが伝えられました。

しかも、その発見場所が地球上ではなく、
なんと火星だというのです。

なぜ火星に日本独自の古墳が存在しているのか?

今回は、宇宙と日本との
不思議な関係についてお伝えします。

 

 

チャンネル登録はコチラ!
  ↓    ↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*