衝撃!火星探査機が撮影した画像に衝撃!NASAが隠し続けている知的生命体の存在!?【異世界への扉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キュリオシティ」をはじめとするNASAの最新鋭の探査車によって
刻々と明らかになる火星の地表の様子。

しかし、NASAから公開される画像や映像は、
全体の1%にも満たないといいます。

ある宇宙研究家によると、
「NASAが1976年にバイキング1号で
初めて送信した火星の空は青く澄んでいたが、その後はなぜか、
赤茶けた色に変えられた。

元NASA職員のリークによれば、火星には、
濃密な大気が存在している」と言います。

火星に人類が降り立つのはもう少し先となるはずですが、
そこにはすでに何者かが存在しているのでしょうか?

あるいは誰かがすでにそこを訪れていたのでしょうか?

今回は、火星に関する謎をいくつかご紹介します。

チャンネル登録はコチラ!
  ↓   ↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*