混乱必至!タイムパラドックスの意味が謎すぎる!あの大人気漫画の最終回に感動…(非公式)【異世界への扉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、
ドラえもんの最終回をご存知でしょうか?

ドラえもんは原作者である藤子・F・不二夫先生が死去されたため、
永遠に最終回がやってくることのない未完の物語ですが、
ドラえもんが連載されていた雑誌が小学館の学年誌だったため、
公式には複数の最終話が存在します。

いずれも、感動で泣けるお話となっていますが、
あるドラえもんファンが描いた非公式の最終回が、
あまりにも緻密に作りこまれて完成度が高く、
感動的でした。

そのため読者はもちろん、それ読んだ人から伝え聞いた人、
さらにはマスメディアまでもが、
“本物”と信じ込む異例の事態に発展したのです。

物語のテーマは、「タイムパラドックス」。

今回は、ドラえもんの最終回から
「タイムパラドックス」についてお伝えします。

チャンネル登録はコチラから
↓   ↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*