地球最初の文明「ギョベクリ・テペ遺跡」の謎!文明が興った原因に驚愕!【異世界への扉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トルコの遺跡で発見された石柱の彫刻から、
1万3000年前に彗星が衝突し、
ミニ氷河期を到来させたことが
ほぼ明らかになったそうだ。

これは人類最初の
文明の興りにつながっている。

トルコ南部の
ビョベクリ・テペという
紀元前9000年頃のものと
考えられる世界最古の寺院跡には
バルチャーストーンと呼ばれる
石柱がある。

そこに刻まれた彫刻は
いくつもの彗星の破片が
地球に衝突したことを
示しているという。

チャンネル登録はコチラ!
  ↓    ↓

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*