【仮想通貨 陰謀論③】ロスチャイルドが目論む仮想通貨の覇者!2018年イーサリアムを超えられるか?【異世界への扉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1843年創刊の世界で最も歴史のある経済誌エコノミストが、
今から 30年前に、
「 2018年に、フェニックスという通貨が大ブレークする」
ことを予言するような示唆の表紙を描いたことは、
前回ご紹介しました。

エコノミストとは、ビルゲイツ氏をはじめとした経済人を愛読者に持ち、
欧米諸国では「最強の経済誌」「上流階級のゴシップ誌」とも言われており、
ロスチャイルド家がオーナーとして名を連ねている経済雑誌です。

現在流通している仮想通貨の原型とも言える電子通貨・デジタル通貨の概念は、
1980年代後半から既に世界中の中央銀行で
研究が行われていたと言われています。

日本銀行でも1990年から
極秘に研究が行われていたそうです。

この背景からも、エコノミストが発刊された1988年には
既に仮想通貨の研究が行われていたことは間違いないでしょう。

さらには、仮想通貨技術のブロックチェーンとも親和性が高い、
「量子コンピューター」についても、
1980年代から研究が行われていたということを考えると、
ロスチャイルド家が1988年に発刊したエコノミストの表紙は、
2018年の仮想通貨バブルを予言したのではなく、
計画が実現したと言ってもいいでしょう。

エコノミストが予告した、
既存通貨を超越して世界統一通貨となるフェニックスの誕生。

そのフェニックスに該当する仮想通貨は
一体どの仮想通貨なのでしょうか。

それを探し当てるヒントをこれからご紹介しましょう。

チャンネル登録はコチラ!
  ↓    ↓

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*