【草津白根山噴火】富士山噴火の予言者たちが予測していた!【異世界への扉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23日、草津白根山
(群馬、長野県境)の
噴火に遭遇したスキー客らは
恐怖の体験を振り返った。

約80人が取り残された
山頂付近では、
ロープウエーの駅や
レストランが停電する中、
身を寄せ合い救助を待った。

ゲレンデでスノーボードをしていた
川崎市の60代男性は、噴火の瞬間を

「『ボン』と音がしてから、
煙が見えた。
その後、噴石が
『バババババババ』と飛んできた」

と語った。

コースを外れて身を隠したが、
噴石は数分間降り注いだ。

「あっという間に
黒い煙に包まれた。
逃げられないと思った」
という。

噴石が体に当たり、
左腕を骨折したほか、
背中にも軽傷を負ったが、
近くで訓練していた
数人の自衛隊員はけががひどく、
2人ぐらいしか歩けなかった
という。

チャンネル登録はコチラ!
  ↓    ↓

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*