【地獄】本当にある死後の世界 八大地獄の解説【異世界への扉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回お送りするのは、仏教における八大地獄のうちの、
大叫喚地獄、焦熱地獄の解説動画です。

地獄は、人間が住む世界の、地下5万キロという深さに存在すると言われており、
その構造は、横に広がっているのではなく、縦に8層繋がるとされています。

この地獄の階層とは、一つ下がるごとに、
地獄で受ける苦しみが10倍増しになると言われ、
最後の地獄においては、1000倍増しになるともされています。

その地獄は上から、
等活地獄、黒縄地獄、
衆合地獄、叫喚地獄、
大叫喚地獄、焦熱地獄、
大焦熱地獄、阿鼻地獄及び無間地獄と呼んでいます。

それぞれの地獄に対応する罪は、下の階層に行くにしたがい、
上の層の罪に追加されていき、与えられる罰もより厳しくなっていきます。

日本人なら是非知っておきたい地獄の恐ろしさ、
どうぞご覧になってください。

チャンネル登録はコチラ!
  ↓    ↓

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*